共に食卓で朝ごはんを済ませるメリット

ダイエットした?と言われるとなぜか否定してしまう私。
でも、実際は一日二食の生活を過ごしています。
ただ、一日二食はおすもうさんもそのような食生活をしているようですが、私の場合は朝の忙しい時間に食べる時間がないのが現実です。

そしてみんなを学校や仕事に送り出して、家事をひと段落してからゆっくりと一人で食べていました。
そのスタイルが何とも気持ちがよく、残り物しかないのですが自分の時間を満喫している気分になっていたのです。
でも、この間すごいことに気が付きました。
なんと、朝ごはんの一つがすごくまずかったのです。

それはいつも作っている厚焼き卵だったのですが、あり得ないくらいまずいのです。
朝作ったのですが、寝ぼけていたのでしょう。
何を入れたのかは全くわかりませんが、本当にしょっぱい?すっぱいのです。
もしかしたら、出汁巻きに白だしを入れたつもりが酢を入れ間違えていたのかもしれません。

そんな自分の厚焼き卵の味にびっくり。
しかもみんなは黙々とご飯を食べて、家を出て行ったあとに気がついたのです。
まさか厚焼き卵が不味いとは思わず、私は味見をしませんでした。
みんなで朝ごはんを共にしていたら、私が家族に謝れたのに…そう思うとこうやって一人で食べる不味い卵焼きは味をさらに一層不味くさせた様な気がします。

こんな事件があってから、私は極力家族と同じ時間に食事を済ませるようにしています。
何か不味いものがあったり、魚の骨が取りきれていなかったりしたらすぐに私が修正できるように…と思っています。
そしてあれ以来私は、厚焼き卵を作ってもかならず一口分切って味見をするようにしました。
今でもあの不味い味は忘れられません。

«
»