気づかないクセによって不愉快に

この人は好きだなとかこの人はどうも苦手など、人は一体どんなところを見て判断しているのでしょうか。
見た目でしょうか、それとも話し方などでしょうか。
いずれにしても、できることならなるべく好きになって欲しいと思います。


もちろん、全ての方から好きになってもらったり好感を持って頂くことは難しいと分かっています。
それでも可能であれば、好きになって欲しいと願うものではないかと思います。
私はと言うと、全体的な雰囲気を見て判断することもあるのですが、一番は話し方のような気がします。
言葉の選び方や声のトーンとスピード。

そこが一番のポイントのように思います。
という事は、私もそこを見て判断されているかもしれません。
相手に不快な印象を与えないように、真剣に話し方を勉強した方が良いと思います。
人には誰でもクセがあって、それに気が付いていない方も非常に多いと聞きます。

中には、相手を苛立たせたり不愉快にしているクセもあるかもしれません。
私も、それがある可能性があるのです。
もちろん、相手の方を傷つけようと思って話したことは一度もありません。
でも、誤解させてしまったり行き違いを起こしてしまった事はあります。

痛い思いをして初めて気づいたり、反省して改めようと思うもの。
その時が成長できるチャンスなのかもしれません。
笑顔には自信がある私ですが、それが逆に不愉快にさせているということもあるのでしょうか。
だとすると、コミュニケーションとは本当に難しいものですね。

でも、ここを乗り越えなければきっと良い印象を持ってもらうことは難しいのでしょう。
頑張りどころです。

«
»