娘のチアリーディング

この四月から姉妹にチアリーディングを習わせるのに、家から通える教室を4か所探してどこが一番いいかを探してまわりました。
その中で偶然知り合いに再会し、ホームページとかがない穴場のような出来立ての教室、個人経営の場所を紹介していただき体験後入会しました。
先生はとても明朗快活な方で、娘も気に入りました。

が、揃えるグッズ、衣装やらポンポンやら専用靴そして頭の飾りまで、本当に頭の先からつま先までの準備なのでかなり費用がかかり、こちらは悲鳴です。
ですが、娘がすごく楽しそうにしているのでその分頑張って働こうと心に決めて毎日応援しています。

毎年夏休みに二時間くらいで行けるキャンプ場を探して遊びに行っているのですが、今年は頑張って、遠出しようかなと考えています。
本を見ながらどこのキャンプにしようかな、と悩んでいるのですが、我が家には犬がいるので、犬連れ許可の場所が絶対条件です。
贅沢を言えば、キャンプ場内で遊び場があるところがいいのですが、ネットだけでは探すのが難しく、知り合いや、口コミなどから情報を収集しています。
休みさえあれば連泊したいのですが、人はテントで何日くらい不便なく暮らせるのかなぁ?と言うのが最近の疑問です。
二泊三日までしかしたことないので、今年は三泊四日に挑戦したいです。

愛猫とのひと時

5年前から猫を飼い始めた。
白色に薄茶色の斑点が背中に3つ並んだ雑種のメスで、今年6歳になる。
もらい手を探していた猫好きの友人から譲り受けたのだ。
私自身も猫は大好きで、子どもの頃からずっと飼っていた。

10年近く前に、子どもの頃から実家で長年飼っていた猫が亡くなり、その後はあまりペットを飼う気にもなれなかった。
しかしながら、猫がいない生活というのもつまらなく感じ始めていたので、世話が大変なのは承知の上で飼うことを決めたのだった。
うちの猫は、猫のくせにかなり人懐っこい子で友達が遊びに来ても全然人見知りをしない。
それどころか、友達の膝の上に乗っかって居眠りをこいたりするのだ。
猫というのは、割と警戒心の強い生きもののはずだが、何をどうしてかこういう子に育った。
かわいいとは思うのだが、主である私に対しては結構計算をして甘えてくるのだ。
分かりやすいのがおなかが空いた時だ。
ひとの足にすり寄ってきて、こちらを見上げてひとこと「にゃあ」と鳴く。
よくある光景であるし、見慣れたものだがたまらなくかわいいと思うのは私が親ばか故だろうか。
たいてい、はいはいとご飯を上げるのだが、時々はちょっと意地悪をしてみたりする。
ほんのちょっとだけ放っておくのだ。
そうすると、だんだんと声色が変わってくる。
最初はかわいく「ちょうだい」といっていたのが、「くれよ!」くらいな感じにまでなるのだ。
それがちょっとおかしく思えるのだが、あまりやり過ぎると拗ねるので、頃合いを見計らってちゃんとご飯を出してあげている。
猫を飼い始めて、愛猫を構うことが私の楽しみのひとつに加わった。
何だかんだかわいらしいし、癒やされる。
壁やらソファーやらをボロボロにはされるけれど、それは覚悟の上だったし、許容範囲内だ。
夜、なにやらひとり運動会をやってるのも、まあうるさいとは思いつつも許している。
何だかんだ、いたずらを許してしまっている私は、本当に親ばかだなと思う。

お正月は門松を見ない
当選番号は年賀はがきの右下
年々数が減っている年賀状だからこそお年玉付きくじの当選確率はアップ。切手シート、ふるさと小包、現金10万円。
www.hpfree.com/nenga/
関連:www.immobilier-landes.info

«
»